泡盛を飲む会、20周年を迎えました

泡盛好きのためのパーティ「泡盛を飲む会」が年に3回宇部市のANAクラウンプラザにて開催されています。不肖島袋、毎回出演させていただいております。ありがたいことです。

2018年7月2日、この日の会は特別でした。
20周年を迎えたのです。20年ですよ。長い。ちなみに私は6年前から加わらせていただいています。
幹事を勤めておられる方々は、この日を感動と緊張とをないまぜにした思いで迎えられたことと想像します。
だって、普段は司会の上原氏が「島袋さん、次回はx月xx日ね、演奏お願いね〜」と電話一本で気軽に出演依頼をしてくださるのですが、この回の前には3度も4度も確認のお電話がありましたもん。
ですので、私たち泡盛シスターズも気合いを入れて、着物で参りました。

私たちの演奏に先立ち、「泡盛の女王(泡盛のPRをする若い女性です。毎年数名選出されるらしく、そのうちのひとりがこの泡盛を飲む会にお見えになることが時々あります)」による「かぎやで風」の舞踊が披露されました。
幼い頃から琉球舞踊を習われているとのこと、素晴らしい舞でした。
でもでも、先に言ってくれてたら、地謡を私たちが担当できたのに…!とちょっと勿体無いような思いでした。ご参加の皆様方に、古典を生演奏でお聞かせしたかった。

とかなんとか言いながら、泡盛シスターズとして演奏したのは古典ではなく民謡で「だんじゅかりゆし」をはじめとする、めでたくも軽やかな曲たち。皆様がよくご存知であろう歌謡曲も入れながら、楽しく演奏いたしました。
幹事の方々のご苦労が見事に実った、賑々しく素敵な夜となりました。その一端を少しでも担えたことが誇らしくも嬉しい思いです。
これからも末長く美味しく「泡盛を飲む会」を楽しみたいと願っています。



古典もそこそこできますので舞踊の地謡のご用命も、お気軽にこちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

2019/1/7更新