クリスマスイベント@宇部市立図書館

2018年10月、宇部市銀天エコプラザで開催された「ECO ICHIBA」にお声かけいただき「3/4てーげーず+(よんぶんのさんてーげーずプラス、と読みます)」で出演した際、楽屋までわざわざ話をしに来てくださった初対面のA氏。
正直何がポイントとなる話なのかわからなかったのですが、とりあえず図書館で近々イベントをやるので演奏を頼みたいようだ、ということだけわかったので、それでは詳細をお願いします、と名刺をお渡しして帰りました。
その日の夕方に早速お電話いただき、図書館のイベントは12月であること、2週に渡っての、それぞれ別イベントであることのみ、確認できました。
しかし、そのあと耳を疑うことに…!
12月だけど屋外での演奏、ですって。
※程よい写真が見つからず、まだこのサイトにはアップしていません。そういうイベント、かなりの数にのぼります(汗)。

このイベントの趣旨はまったく説明されなかったので(聞いたのですが、なぜか話が別方向へ行ってしまうのです)、ちょっちゅね〜のメンバーさんたちへの説明に四苦八苦。さらに、朝8時半には図書館に来て、という話だったのに「えー、そんなこと言ったかなあ。10時でよかったのに」。
なので、メンバー皆でローソン行ってコーヒー買ってきて、ひたすら待ちましたとも。1時間半。
そうこうするうちに音楽関係の他の演者さんたちも集まってきて、手作り品や陶器や野菜を販売するマルシェが出現して、やっとイベントらしい雰囲気になってきました。
ただ、問題は身を切るような寒さ。
マルシェも見たいし、他の演者さんたちの音楽も聴きたいし、でも寒いし。
歌うためにマイクの前に立ってしまえば寒さは気にならないんですけどね。

イベントそのものは、趣旨がよくわからないながらも楽しく、ちょっちゅね〜は2回の演奏を終えて正午には撤収しました。
ご一緒したSatomin de M(サトミン ド エム)と谷山俊介さんは寒い中午後も頑張って演奏されたとのこと。
これが12月9日の話です。

詳しくはSatomin de MさんのFBからどうぞ。



さて、話はここで終わらずに次週へ続きます。

翌週の16日も図書館ですが、別のイベント。
次こそはきちんとイベントの主催&趣旨を把握してかからねばならぬ、とばかりに寒空での演奏の直後関係者全員に話を聞き、チラシを手に入れ、やっと次週のそれがクリスマスイベントであることを把握した我々ちょっちゅね〜。
一週間しか時間がなく合わせ練習はまったくできない状態でしたが簡単なクリスマスソングを準備して沖縄曲に加えて演奏いたしました。

さらにさらに、この寒空で外での演奏は勘弁してください!と(A氏を介さずに)館長さんに直談判、屋内で演奏の許可を勝ち取りました。

この時も、ご一緒したのは同じくSatomin de Mさんと谷山俊介さん。
屋内ということで控え室も使用でき、その控え室での会話も楽しく、私たちにとっても素敵なクリスマスイベントとなったのでした。


詳しくは、同じくSatomin de MさんのFBページをどうぞ。




もし演奏のご依頼をお考えの方が読んでおられましたらお願いです。
イベントの趣旨をきちんと演者に伝えてください。
演奏する側は、その場所、時間、雰囲気、ターゲットとなるお客様に見合った演奏を心がけようとしていますが、情報が足りなければお互いに悔いを残すことになりかねません。
また、気象条件が厳しい中での屋外の演奏を安易に企画しないでいただけたらな、と思っています。
最後に、集合時間はちゃんと伝えてほしいな!
以上です。

ピアノが入ると、沖縄音楽も室内楽みたいに聞こえますよ。室内楽のような沖縄音楽のご用命はお気軽にこちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。クリスマスソングのご対応もいたします(たぶん)。

2019/1/29更新