乗っ取りライブ@BIGHIP in 宇部!

2019年3月12日、宇部新川駅前のライブハウスBIGHIPにて。

さて、久しぶりの全員参加てーげーずですよ。
さらに、今回はフルメンバー(Vo.&sanshin 島袋、Vo.結花ぽん、Gt.タッタ、Ba.財前)にプラスして、フルートの尾崎も加わってくれました。
出演するにあたって、ユニフォームのオリオンビールTシャツも自腹で購入。もう、尾崎はメンバーってことでいいのではないでしょうか。

今回は「乗っ取りライブ」という、どことなく穏やかでないタイトルのイベントとなっておりました。
が、タイトルに反して内実は穏やかそのものでして、BIGHIPにお勤めの中尾たつゆき氏が企画する枠(火曜日枠)を、この日の分だけ企画する権利をベーシスト(ウクレレを弾く人でもある)の井上アキラ氏に譲った、ということのようです。
なので今回はアキラ氏の眼鏡にかなったミュージシャンのみ出演。
え〜マジですか。私でいいんでしょうか。

てーげーずとして演奏するのが久しぶりな上に、ライブハウスが苦手ときた。
大切な友人であるアキラ氏に恥をかかせたくないけど、不安要素が大き過ぎる。

そのあたりをうまいこと埋めながら支えてくれるのが、気心知れたメンバーたち。
そこがバンドのありがたいところ。ソロなら、漠然とした大きな不安に一人で立ち向かわねばならないのです。

…とか言いながら、てーげーずのみんな多忙につき、1回か2回しかリハができなかったんですけどね。あれ?不安要素が増えてる。


さて、当日。対バンの方々の素晴らしい演奏を聴くにつけても、湧き上がる自信のなさ。

こちらがポスター。錚々たる対バンの方々。そこに、謎写真で割り込むてーげーずプラス。

さらに、今回初めて私の三線の生徒さんが4名、お客様として会場にお見えになっていたのです。
高まる緊張、萎んでいく自信。

でも、経験豊かな仲間というのはありがたいもので、ツインボーカルの片割れ結花ぽんがグイグイ場を引っ張り盛り上げ、なんとか無事に出番を終えたのでした。

すべてのプログラムを終えた後、BIGHIPからほど近い九州料理のチェーン居酒屋、かば屋へ移動して反省会。
美味しいおつまみとハイボールを楽しみつつ、各々感じたことをわいわい出していきます。ブレスト、みたいな感じでしょうか。

  • ちょっと真面目すぎるんじゃないか、もっとテーゲーにやろう
  • 表に立つふたり(結花ぽん、りりあ)はもっとテーゲーに、裏方の3名はテーゲーに見せかけた二人を支えるためにもっと真面目に。今は逆だよね
  • 練習不足が響いちゃったかな
  • せっかくフルートが入るんなら、新曲を投入したい
  • 沖縄以外の要素も入れようよ
  • ところで、てーげーずらしさ、てなに?

そこで、私が日頃考えていることをぼそっと。
ラテンのリズムを入れてもいいし、ハワイアンの要素を盛り込んでもいい。それらを大きく包み込む力が、沖縄音楽には、ある。音楽にしても人の生き方にしても時間の流れ方にしても「細かいことは気にすんな、適当でいいよ適当で」でゆったりと構えている懐の大きな沖縄文化というバックグラウンドが我々にはあるのだから、もっと「沖縄」に甘えていい、委ねていい。

普段口数の少ないベースの財前が「今、りりあどのが、いいことを言いましたよ!」と声を上げ、一同笑っておひらき。
さて、次回のてーげーずに乞うご期待!ですよ。

てーげーずの音楽で沖縄の「包容力」そして「豊かさ」をお届けできたら、と思います。演奏のご依頼はお気軽にこちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

2019/5/29更新