渡辺翁記念会館(のパン祭り)にて


宇部市で一番大きな音楽ホールといえば「渡辺翁記念会館」。
この中で演奏できたら音楽家として一流、と認識されるホール。

その記念会館のロビーで行われたyab(山口朝日放送)パンフェスタにて、他のバンド数組とともに演奏いたしました。
渡辺翁記念会館の中じゃなくて、外。外であっても、嬉しいものですよ。

今回は「上宇部ちゅらかーぎーず」と同じような楽器の構成ですが、ピアノのメンバーだけが違う「ちょっちゅね〜」という新ユニットで演奏いたしました。
ピアノの小林(おばやし)晃子は「長年、ジャズバンドでピアノを弾いていたけど、ここ10年くらいブランクがあるの…」と戦々恐々のご様子でしたが、なんのなんの、ブランクをまったく感じさせない素敵な演奏ぶりでした。

ピッコロ&フルートの尾崎良江はいつも通りの超安定っぷり。
最近は、私が調弦をするときに自らトークを買って出てくれるようになり、調弦が終わった私と漫才のような掛け合いになることも。

素敵な写真(って私のドアップばっかりですみません!)は私たちの後に演奏された男性デュオのお一人に撮影していただきました。彼らのグループ名をど忘れしてしまった私…。そのうち、尾崎に確認して再投稿します。

で、写真もう一丁。

全体の写真も。

当日の様子はFacebookに投稿しました。

漫才付き沖縄民謡のライブ演奏のお問い合わせはこちらまで。

2018/2/10更新