一人暮らしのお年寄り


今住んでいるわが町、山口県宇部市の上宇部校区では、「明るく平和な町にしよう。地域で孤立する人をなくし、みんなで支え合おう」というモットーで活動する団体が数多くあります。
婦人部連合会もその一つ。
毎年の夏祭りやどんど焼きなど、数多くのイベントに出張して、美味しい食べ物を大量に作ってふるまってくださいます。
その婦人部の方々主催の、「ふれあい昼食会」が11月に地域のふれあいセンターでおこなわれました。
一人暮らしのお年寄りをご招待して、婦人部お得意の美味しい料理を食べていただこう、そして音楽も楽しんでいただこう、さらにはこの会をきっかけにもっと交流を深めてもらいたい、という趣旨です。

ありがたいことに、婦人部さんから演奏依頼を受けて「上宇部ちゅらかーぎーず」として出演しました。

残念ながら、写真を撮っていません。
でも、自画自賛ながら、とてもよい演奏になったと感じます。
四人のメンバーで考えに考えて「秋の童謡メドレー」「見上げてごらん夜の星を」「蘇州夜曲」を新曲として加えました。新譜ではないですが、おなじみの沖縄曲として夏川りみさんの「涙そうそう」もリストに入れて、歌詞をお配りしました。
参加された方々が、童謡のメロディーに目を輝かせ、目を閉じて「蘇州夜曲」に聞き入ってくださり、「見上げてごらん夜の星を」と「涙そうそう」で婦人部の方々含めての大合唱となり…。
忘れられない、素敵な会になりました。

余談かもしれませんが、この時のお料理、もう、ものっすごく美味しかったですよ!
ちらし寿司にお吸い物、小鉢に天ぷらお刺身まであるんですよ!デザートも!!
手作りのフルコースをいただきました。心身に染み渡る美味しさでした。
くゎっちーさびたん!

臨機応変に新曲も練習してしまう、そんな沖縄音楽のご用命は、お気軽にこちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

2018/7/17更新