GyaAteeにて、ヤマザキヤマトさんライブのオープニングアクトを勤めました

このライブについては、最初に私のFacebookの投稿を貼ったほうが早いかもしれない。
気持ちの揺れ幅の大きい、私にとっては大きな節目となるライブでした。
2018年9月16日。いつもお世話になっているカフェバーGyaAtee(ぎゃあてぃ)さんでのヤマザキヤマトライブ。

なぜあんなに緊張したんだろう。
最初にお話をいただいた時の「私でいいんでしょうか?!」の当惑した気持ちそのままで、本番に向けて心と技量をある程度のレベルまで持っていくことができなかった。これが大きな原因かな、と今(更新日である2018年12月初旬)、そう思います。

気づいては、いたんです。
技術的に未熟であること。度胸もそれほど鍛えられていないこと。
人前に出て落ち着いて一定レベルの演奏をお聴かせするには、もっともっと本格的に練習が必要であること。

そんなことよりも、もっと根本的な原因があることにも気づいていました。
私は自分の声を聴くのが嫌いでたまらないのです。最近やっと自分の声を録音したりマイクで通したりして練習できるようになったばかりです。

「自分を好きになってあげなくては、一体誰があなたを自分以上に好きになってくれる、というの?」
若い頃から散々、なんども自分に問いかけていることです。

まあ、大丈夫です。
解決できる気がしているんですよ、近頃。

きちんと聴かせられる技量を身につけて、きちんと自分の心の中の問題も解決した状態になって。
そしたら、私の好きな沖縄の曲の数々を、もっともっと皆様にお聴かせできるようになるはずです。

チバリヨー、自分。はい、頑張ります。

沖縄音楽のご用命は、お気軽にこちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

2018/12/5更新