めんそーれナイト@ギャアティ

写真ドバー!で始めちゃいます。
いつも素晴らしい腕前で写真を撮ってくださる井上アキラ氏が今回もお越しくださったので。
写真が残らないイベントって多いんですよ。
こうして残してくださり、とてもありがたく思います。

GyaAteeさん主催で、毎年慰霊の日あたりにセッティングしてくださる、恒例のイベント「めんそーれナイト」です。
今年も無事、満席で当日を迎えることができました。
慰霊の日、ということで「艦砲ぬ食えーぬくさー」からの「ヒヤミカチ節」みたいなストーリーを作りたかったんですが、如何せんどちらの曲も練習不足の実力不足。
今私にできる範囲で、と「屋嘉節」「島唄」をセットリストに入れました。

全体像はこんな感じ。カウンターの中からのんちゃん撮影です。

上の写真、私の隣でギターを抱えているのは井出崎功(こう)さん。
私が山口県に来て最初に出会った、三線弾き仲間です。
私と井出崎さんは「ポークたまご」というふざけた名前のユニットを組んでいます。今回はギターとして助っ人をお願いしました。
「涙そうそう」を半音下げてウチナーグチ(沖縄語)で歌いたい、などのわがままに根気よく付き合ってくださいました。
ありがたいことです。

今回、慰霊の日にちなんだ曲目以外は「あの曲をウチナーグチで歌ったらどうなる」的なチャレンジもしてみました。「涙そうそう」はその一曲ですが、他に「悲しくてやりきれない」をウチナーグチで歌ったりしてみました。

そのほかは、いつも通り、楽しい沖縄音楽まみれ!
最後はお約束のカチャーシー。

特製沖縄そばが出ます!他にも沖縄にちなんだおつまみ、お酒が充実!

このイベントで特筆すべきは、お店(ギャアティさん)の細やかなサービス!
料理の腕前と人脈と、その他諸々を駆使して100パーセント沖縄感を楽しめるよう、隅々まで工夫されているのです。

写真にも現れているように、お料理やインテリアも凝りに凝った沖縄。
ありがたいことです。

このサービスを堪能するためだけに、来る価値があります。唄は脇役だったりして😁

そして最後になりましたが、毎回欠かさず来てくださるお客様、三板で盛り上げてくださるお客様、今回初めてお見えになったお客様。
皆様に、心より感謝申し上げます。
またお目にかかれますことを心待ちにしております!!


沖縄感溢れるイベントのお問い合わせ、ご依頼はこちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

2020/1/1更新