一粒万倍日に、若き経営者の会 合同懇親会出演

2020年1月22日、宇部のANA CROWN PLAZAにて

素晴らしい方々と出会いました。そして、盛り上がりました。
宇部の経済を支える、若き経営者の会&そのOBの皆様。

このお話をいただいたのは、出演のほんの5日前。
昨年1月に西中国信用金庫さん主催の講演会でお話と演奏をさせていただいたときに出会ったNさんという紳士より「22日、演奏お願いできますか?」というメッセージをいただいたのでした。
急なご依頼でも良いお話であれば、喜んで!

とか言いながら、Nさん以外はおそらく初めて出会う方々です。
しかも、会の名前から察するに、会社の社長クラスの方々ばかり。
緊張しますよね。誰も信じてくれないのですが、こう見えて私はものすごく緊張するタチなんです。
ですので、この日もゴリゴリ&バリバリに緊張したまま会場へ…と思ってたんですが、幸いと言いますかなんと言いますか夕刻から行われるこの会の直前までスケジュールがみっしり詰まっておりまして、緊張する暇もなく会場入りしたのでした。

ご依頼は「20分から30分程度、なんでもいいから盛り上げて!」というもの。
こういうときは会場の皆様がご存知であろう曲から入ることが多いのですが、あえての「鷲ぬ鳥節」。
だって、新年なんだもん!この曲くらい1月にふさわしい曲を私は知りません(他に思いつくとしたら、もっとマイナーな「正月ぬあやぐ」かな)。
八重山だけじゃ地味かな、と考え、続けて「だんじゅかりゆし」。会場、置いてけぼりですよね。
自分が歌わなきゃ気が済まない曲から始めさせていただきました、とご挨拶したら、ドッとウケてくださいました。

そのあとは、メジャーな歌謡曲を続けました。
司会をされていた松原淳子さんに撮っていただいたビデオです。「オジー自慢のオリオンビール」で乾杯をお願いしているところです。

いやー、撮っていただいたのにアレですが、自分の演奏を聞くの恥ずかしいですね(汗)。

このあとさらにカチャーシーのレクチャー、そして「豊年音頭」で会場中立ち上がってのカチャーシー。
ノリノリで踊ってくださり、非常に嬉しゅうございました。

以下、松原さんのFacebook投稿より。

【若き経営者の会 新年懇親会】

宇部の経済活動を支えている方々の会、発足50年近くになるとか!お馴染みの皆さまがお揃いでした。
和やかな会をさらに盛り上げたのが、沖縄民謡の島袋りりあさん🌺
沖縄の新年を寿ぐ民謡をはじめ、島唄も。締めくくりは皆さま総立ちで沖縄民舞!社長クラスのオジサマ全員を巻き込むなんて、りりあさん最高🌺終始人気ものでした。
沖縄民謡、いいですよ😄🌺

ありがとうございます!!
嬉しすぎるので、美しい松原さんとのツーショットも入れちゃいます。

この日は、後で知ったのですが一粒万倍日だったのですね。
演奏を終えてからゆっくり同じテーブルの方々とお話ししましたら、実は「泡盛を飲む会」の会員さんが多くおられたようで、他のテーブルも全部回って初対面の方お一人お一人に、私を丁寧にご紹介くださったのでした。
さらに起業準備中であることをお話ししましたら、商工会議所の専務理事さまにお目通ししていただき、アドバイスをいただくことができたのでした。

さらにさらに、二次会まで参加させていただき、これまで知らなかった業種について、また経営の裏話など、それはそれは大変ためになる話を聞かせていただいたのでした。

印象に残ったのが、参加された皆さまがとても健全であること。
酔っ払って無礼講!なんてことは一切なく、紳士的な態度はそのまま、お酒はほどほどに、タバコを吸う方もお一人もおられず、皆さん目をキラキラさせて未来を語っておられるのです。
素敵な方々に巡り会えたなあ。
この日のご縁が、いつか花になり、実になりますよう、願ってやみません。
もちろん、皆さまにとりましても、私とのご縁が良いものでありますように。

最後に、ご縁をくださったNさんと松原さんとの3ショット。

ありがとうございました!!

懇親会、新年会盛り上げます。
ご依頼ご相談はこちらの問い合わせフォームよりご連絡ください。

2020/1/27更新